スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業論文

まだPC不調なので、chipsandfishのギャンブル半生について少々。


僕の卒業論文のテーマは、ズバリ

「失業率とギャンブル解禁」

これを国際政治学のゼミでやりました。
後に小泉チルドレンと呼ばれた有名教授によるそれなりに権威あるゼミ。
皆がお固いテーマを選ぶ中研究題材を発表したときは失笑されました。

まあ、客観的にも笑えます。

でも内容はいたって真剣で、1976年本格解禁の数年前以来の米国51州毎の失業率、
それぞれの州におけるギャンブル発禁・解禁事例を照らし合わせ、
景気とそれに呼応する民意とギャンブルがいかに連動しているかを解明してみせたもの。

何とか関数やら何とか指数とか、
今ではさっぱり分からない相対性理論の様な数式を使って、
見事にその連動性の高さを証明。

例えば...
失業率が10%を超えている田舎町。
それまで公営ギャンブルは固く禁じられて来ました。
しかし、町長さんが思い切って町興しの為に、カジノをオープンさせる案を発表。
その是非を住民投票に掛けることに。
それまでなら絶対反対された案も、
カジノの建設、運営で雇用が創出されることの期待や
溜まっているストレスの発散の期待から、
過半数を獲得してカジノはオープン。
雇用は増え、周辺からもカジノ目当ての観光客が押し寄せ、経済も活発に。
町も税金が大幅に増えます。
そうして、カジノは2号店、3号店とオープン。

町は潤います。

ラスベガスなんかはまさにこのパターンですよね。

でも、他の多くの都市ではいろいろな問題が発生します。

カジノを建設しすぎて、また近隣の自治体も真似てカジノをオープンさせたために、
飽和状態になり、1店あたりの売上が大幅にダウン。
淘汰による閉店が相次ぎ、失業率が上がる。
町にはいなかったマフィアが利権争いで町に入り込んで来て、
治安が悪化。

などなど。

ネイティブアメリカンのカジノ町の多くはこの道を辿ります。


こんな感じで、景気低迷時のギャンブル解禁策は、
一時的なかなり有効だが、きちんとした政策がないと逆効果になりかねない、
と警鐘をならした内容。

結構真面目でしょ?


アメリカでギャンブルの規制が厳しくなったのは、
当時のブッシュ大統領が僕の論文を読んだから?

では勿論ありませんが、こういった反省があるのでしょう。



な、なんかすごい退屈な文章になっている...


この辺で今日のTWITは終わりに。



もし、アメリカカジノの歴史に興味ある方は:
CASINO NEWS



スポンサーサイト

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

MacBook=冷凍庫

バルサ敗北の番狂わせも寒かったですが、
僕のMacBookはもっと寒いです。

最近とにかくフリーズします。


結構ルーズなテーブルでそれなりに稼いでいたところ:

手札99でUTGからレイズしたところ、二人ついて来ました。

で、フロップは

9JJ!

しまも、sbがベットして来たではありませんか。
JAか?

よし!

と思いレイズボタンをクリックした刹那。


Freeze


同時に開けていた他の2テーブルも

Freeze


固まること約1分。

接続不能保護で2.40ドル勝っていたとの表示がむなしい。

あのままプレイ出来ていれば7ドルは行けたはずなのに...


こんなで、Party Pokerは140ドルを行ったり来たり。


しかも、何故かPHOTOSHOPまで使えなくなってるし。

画像アップ出来ません。





ああ、新しいPCが欲しい。

ポーカーで稼いで買えるのは...


何年後?

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

バルサ、まさかの...

messi-perotti-100105[1]


なんと!

昨年のスペインカップ覇者バルセロナがホームでセビージャに敗れる波乱が。
4.33ドルを固めに賭けたたつもりが、パアに。

審判の誤審続出で、荒れた試合になったようです。
英語の記事しか見つかりませんでした。


これだから他人の競争ごとに賭けるギャンブルは怖いです。

というか、浮気をするなという啓示でしょうかね?

まあ、戦況の計算はややこしくならずに済みましたが...

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

ポーカー戦績#43

Party Poker
合計:USD 150.15
前回比: +10.15
プレイ時間:約3時間
10/01/01?:+10.15
b100105d.jpg


無事プラススタートを切ることが出来ました。

クリスマス休暇明けで気が大きくなっているのか、
アグレッシブに来るプレイヤーが増えている気がします。

今日は無難に乗り切りましたが、要注意ですな。


そういえば、ブログパーツにアクセスカウンターがあることに気付き、
今更ながら追加しました。

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

2010!!!

あけましておめでとうございます。

おせち食い過ぎで腹回りが気になるchipsandfishです。



戦況報告ですが、今年からリセットします!

気持ちを新たにというたてまえですが、
実際は計算が面倒なのと、マイナスの数字が気が滅入るので(~_~;)

Party Pokerはきりよく、140ドルを0としてプラマイ報告。
Pacific、Absoluteはやったらその時点から報告します。


b100105a.jpg

↑In Play$4.33とあるのは、実はポーカーではありません。

きりのいい数字にする為に、スポーツベットに賭けてみました。

Party Pokerを僕が気に入っている理由は、
プレイヤー人数の多さや、Mac対応の他に、
同じ会社が運営しているオンラインカジノやスポーツベットに
ポーカーと同じアカウントとバンクロールで参加出来ること。
スポーツベットはPartyBets.com

他のサイトでも同じ会社が複数のオンラインギャンブルを
運営していることはよくありますが、
その都度新しいアカウントを作成し、
新規に入金をしなければいけないところがほとんど。
(Pacificもそうです)

スポーツ好きな僕はたまーに端数を賭けたりしています。

米プロバスケNBAがシーズンオフなので、
サッカーに賭けることにしました。

b100105c.jpg

スペインカップのバルセロナ対セビージャ。

本命のバルサのホーム勝利に賭けます。
b100105b.jpg

オッズは1.55。
意外と高いのは、サッカーには引き分けが多いのと、
対戦相手セビージャは本大会のダークホースと目されているから。

決めろ、イブラヒモビッチ!

とはいっても勝つと計算がややこしいのですが...

興味ある方はこちらでサイト見てみて下さい。
ここから入ると、初回入金100ドルで、50ドルのボーナスチャンスをゲット出来ます。


おっと。

肝心なことを書くのを忘れていました。

今年の方針。


?リングゲーム、リミット6人テーブルを極めるべく精進
?手持ち200ドルに達したら、レートを0.50/1ドルに上げる
?4月までにプラス150ドル


どうやら、僕にはリミット6人テーブルが性に合っている様です。
なので、基本はあまり浮気せず、引き続き修行、修行。

早い段階で、去年のマイナスを帳消しにしたいっす。


テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

オススメ
ポーカー資金をゲット
必読!
9784775949153.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。