スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい動画

引き続きトーナメントの戦略をいろいろと勉強中(;´・ω・)φ


そんな中、PokerStrategyに日本語の秀逸な動画がアップされました。


コレです。


「ポーカーの高速道路とけものみち」
の管理人、
shimadajpさんの投稿です。

マルチテーブルトーナメントの戦い方を実戦ビデオで音声解説。
1時間近いボリューム。

スバラシイ!
ワカリヤスイ!


特に参考になったのは、トーナメントでのミドルペア(99など)と
スーテッドコネクター(TJsなど)のプレイの仕方。
自分や相手の残りスタック数やポジションで参加の可否を選択。
な る ほ ど...

観ながらPokerStarsの180人S&G参戦したら、7位入賞出来ました♪

ブロンズから観れます。
(PokerStrategy登録して、クイズ合格して、ルームで50ドル受け取ったらもうブロンズ)

登録まだの方はコチラからどうぞ
スポンサーサイト

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

こだわり

1週間前...


同僚A: chipsandfishさんってプライベートではPC何使ってるんですか?

chipsandfish:もちろんMac。

同僚B: 携帯もiPhoneだしね。こだわってるよね。

chipsandfish:浮気なんか考えられないね。ってゆーか他ダサイし。











Windowsパソコン買おうと思ってます。


これ




2台目として。
だって、超安いしAmazonのベストセラーだし。
月末までキャッシュバックやってるし。

携帯用に。

もちろんPokerも...ムフフ。

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

M指数

この前の記事でM指数の記載に誤りがあったので、
こっそり訂正しましたm(_ _)m

M指数(M ratio)について、もう少し詳しく。

生みの親はPaul Magriel。
進化させたのが、かのD. Harrington。
僕が読んでいるHarrington on Hold'em Vol. Iの続編Vol. IIで詳しく解説されてます。

ノーリミットホールデム・トーナメントにおいての自分のポジションを理解し、プレイの指針にするための数式。

M= チップ数÷(SB+BB+1ラウンドのアンティ合計)

Mが20以上
理想的なグリーンゾーン。押すもよし、引くもよし。

Mが20未満10以上
イエローゾーン。多少アグレッシブに。

10未満6以上
オレンジゾーン。とにかくイニシャルアクションを。

6未満
レッドゾーン。危険地帯。オールインかフォールドの二択。

この他にもトーナメントの後半で役立てる、
実質M(Effective M)というのも。
これは、テーブルの残り人数が減ればMも減る数式。
実質M=M×残り人数/10

Vol. ll読んでいないので、
偉そうに解説出来ませんが...

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

トーナメント本

Harrington on Hold'em Vol. Iを読んでいます。

有名なノーリミットホールデム・トーナメントの解説書。

著者Dan Harringtonは、トーナメント戦略でお馴染みの「M指数」を浸透させた人。
自分のチップ数÷(SB+BB+アンティの合計) = M
例えば、9人卓でチップ3,600、SB50/BB100、アンティ10の場合、Mは15。
簡単に言うとこのMが常に15以上になる様にプレイしろとの教え。

著者の経歴が面白く、チェスやバックギャモンの大会で優勝し、飽き足らずポーカーにも手を出したという強者。
それ故か、彼の解説はとても俯瞰的で解りやすい。
シングルテーブル/マルチテーブル、ライブ/オンライン、レートの高低、ブラインド/アンティ構造によってどの様にプレイするべきかがサンプルハンド付きで懇切丁寧に説明されています。

変な専門用語にまみれたオタク書なのかな、
と穿っていただけに意外でした。
そりゃ世界中で愛読される訳だ。

よーし、何度も読んで頭に叩き込むぞ!

そして、とにかく100人以上のトーナメントで優勝!


そこそこの英語力があれば、クセのない文章なので辞書片手に読めるはず。
これからトーナメントに真剣に取り組みたい、
という方にはオススメです。

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

やはりトーナメント

Poker Starsの10,000ドルフリーロールは
2,500位くらいであっけなく敗退したchipsandfishです。


ちと激しくフィックスリミットを打っていたのですが、
ちょっと飽きが来たのか、
大分ルーズアグレッシブにプレイしてしまった結果、
Party PokerのBRが130ドルくらいまで減ってしまいました。
こりゃヤバい。


てな訳で気分転換に本来の挑戦の場であるトーナメントに参戦。

ちょうど、2,000ドル保証トーナメントが定員割れしそうで
おいしそうなので、口座残高からすると参加費高いが、いざ挑戦。
$8+1(参加料8ドル、手数料1ドル)

すでに始まって5分くらい経っていましたが、途中参加。
結局241人が参加。
241×8=1928で、ギリギリ定員割れ。


正直に言います。
ラッキーでした。実力以上のものが出ました。

まずJJオールインがKKにかち合うも、ターンでJが出て勝利。
AQオールインがQ出てAKに勝利。
QJオールインがJ出てAQに勝利。
など...



で、プレイすること4時間。

何と残り13人でチップリーダーじゃありませんか!

ここからはもう運は通用しません。

押したり引いたりの駆け引きです。

もう、画面上でPokerStrategyのトーナメント戦略開きながらの戦いでしたよ。


そして残り5人、100ドル以上確定



で、結局は3位でした。

今年の目標100人以上のトーナメントで優勝はお預けでしたが、

180ドルを勝ち取りました。

BRも270ドル超え。


しかし...

そう、何度でも言おう。


トーナメントは長過ぎる!

確実に翌日差し支えるわ!

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

オススメ
クイズに答えてポーカー資金ゲット!
オンライン ポーカー
必読!
9784775949139.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。