テキサスホールデムのルール




テキサスホールデムのルールはとても簡単です

・全プレイヤーに2枚のカードが配られます
まず、各プレイヤーに2枚のカードが表を伏せた状態で配られます。
(この2枚のカードを「ホールカード」あるいは「ポケットカード」と呼ぶ。)
これらは他のプレイヤーに見せる必要がありません。

・プリフロップ
カードが配られたら、ベットラウンドが開始します。
このラウンドは「プリフロップ(Pre-flop、フロップが開く前)」と呼ばれます。

賭けはビッグブラインドという強制的に最低ベット額を賭ける
プレイヤーの左隣から、時計回りに行います。
それぞれのプレイヤーは以下からプレイを選択します。
1)コール:最低ベット額を賭ける
2)レイズ:最低ベット額より大きい額、もしくは前のプレイヤーより大きい額を賭ける
3)フォールド:参加しない

Holdemtable.jpg


・フロップ
プリフロップでの賭けが終わった段階で、
3枚のカードがテーブルに表向きに開かれます。
これは全てのプレイヤーに共通のカードです。
この先の賭けは、全てカードが配られた時点で、
ディーラーの左隣のにいるスモールブラインドから時計回りに行われる。

・ターン
フロップのベットラウンドが終わると、更に1枚の共通カードが開かれます。
このカードをターン(Turn)と呼びます。

・リバー
同様に、ターンにおけるベットラウンドが終了すると、
最後の1枚となる共通カードが開かれます。
このカードをリバー(River)と呼びます。

・ショーダウン
リバーにおける賭けが終了した時点で、残っているプレイヤーが2名以上いる場合、
勝者を決めるためにショーダウンを行う。
手持ちのホールカード2枚とテーブルに開かれた共通カード5枚の組み合わせのうち、
もっとも強いハンドを完成させたプレイヤーの勝ちです!
(例えば、ワンペアは2ペアに負け、2ペアは3カードに負け、という具合)

各ラウンドが終了する毎に、ディーラー他の位置が時計回りに移動します。


テキサスホールデムの種類
基本ルールは一緒ですが、種類によって賭けられる額が異なります。

・リミット
リングゲーム(いつでもテーブルに入り、ゲーム終了直後に
いつでも終了できるタイプのゲーム)においては、
アメリカのカジノで一般的なルール。
例えば「$2-4のリミット」と言われた場合は、
全4回ある賭けの機会(ベットラウンドと言う)のうち、
最初の2回(場にカードのない状態&場に3枚開いた状態)では
賭け金の単位はビッグブラインドと同額であり、
後半の2回はビッグブラインドの倍額となる。

・ノーリミット

ノーリミットにおいては、プレイヤーは手持ち額全額までかけることが許される
(全額賭けることを「オールイン」と呼びます)。
オンラインポーカーではこちらが主流。
また、オフラインでもトーナメントでは特にノーリミットが採用されている。

・ポットリミット
リミットとノーリミットの間の子的なちょっと難しいルール。
最大ベット額は、その時点での賭け金総額までとなります。
(ただし、「総額」とは、本人がこれからコールする分を含む。)
例えばポット$30で2名がプレー、手前の人間が$10をベットした場合、
その時点でのポットは$40ですが、レイズする場合は本人のコール分$10を含むため、
コール時点のポット$50を基準とし、
レイズのリミットは$60(コールに要する$10+ポットリミットレイズ$50)となる。


BEGINNERページヘ

※以上、Wikipediaを参考に管理人が独自に編集・加筆

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

オススメ
ポーカー資金をゲット
必読!
9784775949153.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる