スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンペーン嵐の予感!

多くの方がご存知かと思いますが、
Full Tilt Pokerが、
オルダニーギャンブル管理委員会(AGCC)よりライセンスの停止処分を受けました
現在全世界のFull Tiltユーザーの入出金、新規登録、プレイが停止しています。
詳細


AGCCは、この処置を4月15日の米国司法省による告発を受け
特別調査を行った結果だとしています。
7月26日に開催されるオーダニーギャンブル管理委員会の公聴会までは
少なくともこの停止状態は続きそうです。

ポーカープロのTom Dwanは自身のツイッターで;
「この事態には心底むかつくが、信頼できる人から良い情報も聞いているので状況を見守りたい」
とコメント。

一部情報によると、現在Full Tiltはカナダのモハワケ(先住民特区)での
ライセンス再取得に向けて動いているそうです。



また、この事態を受け同じく4月15日に告発を受けたPoker Starsは;
「私たちがライセンスを受けているマン島より、
正式に今回のことには全く影響を受けずに
今まで通りの運営が可能との確認を取っている。
今まで通りプレイ、入出金が可能だ。」との声明を発表。
ほぼ同時にマン島ゲーミング監督委員会からも同様の声明が発表されました。
詳細

今までの経緯として、
同じ告発を受けたPoker Starsはその事態に事前に備えており、
司法省と取引をし多額の罰金を払った(払う)とされており、
今までも米国含めたプレイヤーへの出金がスムーズに行われています。
かたやFull Tiltは後手に回り、プレイヤーへの出金が遅れる、
広告塔のP・アイビーに訴えられる、そして今回の事態になっています。

しかし複数の企業がFTの買収・出資の交渉をしていた事実があり、
一大ブランドに成長しているFull Tiltがすぐに潰れる、ということにはならなそうです。
アカウントを持っている皆さんは、
PokerStrategy等で随時ニュースがアップされるはずですので、
こまめにチェックしてみてください。


で、今どこなら安全な訳?

chipsandfishは関係者ではないので、責任は取れませんが、
このブログでおススメしているところは大丈夫なはずです。

Poker Stars 
既に司法取引をしている。万が一何かあっても出金はされるはず。

Party Poker
もともと米国人を受け入れ停止している。上場企業が運営。

888 Poker 
もともと米国人を受け入れ停止している。上場企業が運営。

他にも、Everest Poker、William Hillあたりは安全でしょう。

というか、各ルーム早くもキャンペーン合戦!

888 Pokerはトーナメントの保証額を追加、
Party Pokerも急遽リロードボーナスを用意。

他のルームからもドシドシ出てくるはず。
要チェックです。

Everest、Partyはひゃっほう掲示板PokerStrategy 経由で登録すると、
フリーロールなどの特別特典があるのでお徳です。

お徳情報はここでもアップしたいと思います!





※7/1追記
LA Timesなどの記事によると、
Full Tilt側の弁護団は、ヨーロッパの投資家集団が、
Full Tilt Pokerを実質買収する契約を6/30に締結したと発表。
その契約額はアメリカのプレイヤーたちへの未払金1億5,000万ドルを支払い、
米国司法省との訴訟費用を支払うのに十分な額とされています。

また、これを受けてフィル・アイビーの代理人が、
Full Tiltに対する訴訟を取り下げる方向であることを表明しました。
LA Timesの記事(英語)

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Full tiltに残高無かったんですか?資金大丈夫でした?

No title

ぶらっくさん、どうも。
Full Tiltは、1年位前にアカウント作ったんですが、
書類不備でロックされていました。
PokerStrategyの全日本フリーロール目当てに書類再提出して復活w
入金はせずにフリロで稼いだ分でプレイしようと思った矢先のことでした。
「幸い」にもフリロは3連敗で資金0です!
オススメ
クイズに答えてポーカー資金ゲット!
オンライン ポーカー
必読!
9784775949139.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。