ポーカー戦績#14

Party Poker
合計:USD 53.13
前日比: -11.40
プレイ時間:約7時間
09/09/26?:-49.73


Pacific Poker
合計:USD 0.52
前日比:-54.04
プレイ時間:約2時間
09/09/26?:-99.48


2サイト合計収支:-149.21



ああああああああ


何故こんなことになっているかと言いますと、
ちょっと飽きて来たのである実験を試みることにしました。

オンラインポーカーには、よりギャンブル性の高い
ジャックポット
なるものがあります。

サイトにより定義や賞金はことなるのですが、
基本はロイヤルフラッシュが出たら、大金が支払われるテーブルのことです。

実はParty Pokerは少しひねくれていて、
Bad Beat Jackpotなるものを開催しています。

これは、手札2枚を使った8のフォーカード以上の役で「負けた」場合に
大金が支払われる、というもの。
負けた本人だけでなく、勝った相手に50%相当分、同じテーブルでゲームに参加した
プレイヤーにも10%分がそれぞれ支払われます。
僕はいまだかつで、どんなテーブルでもこの様な勝負を見たことがないので
相当確率低いと思いきや、
週に2回ほど当たっています。大体1万?2万ドルを獲得しています。
その賞金はどこから捻出されるかというと、通常手数料(レイキ)5%のところ、
Partyのジャックポットでは10%徴収され賞金に回されます。
そしてその金額はだれかがヒットするまで膨らみ続けます。

かたや、Pacific Pokerはオーソドックスで、
スペードのロイヤルフラッシュが100%
スペード以外のロイヤルフラッシュが10%
ストレートフラッシュが1%
4カードが0.5%
勝者のみが貰えます。

同じく賞金は1万?2万ドル。
つまり、4カードでも50ドル?100ドルもらえるということです。

しかし、ここの賞金捻出は、各ハンド参加ごとに50セントの手数料です。
これは結構高いです。
その分ジャックポットの金額も上がりやすいのですが。


僕は、ここで「ジャックポットで4カードが出るか資金が尽きるか実験してみよう」
とまた無謀なことを思い立ってしまったのです。

ジャックポットは1万5.800ドルから膨らみ続けています。
2時間に1.000ドルくらいのペースでしょうか。
最初はジャックポットは当たらないまでも1時間くらいはプラスをキープしていたのですが、
いかんせん、1ゲームあたりベットしようがフォールドしようが、
強制的に50セントなくなるわけですから、
ちょっと気を抜くとあっという間に金が減っていきます。

そして、結果は上のあり様です...


でも資金に余裕があれば、あてられる感じはあります。
プレイヤーのチャットを見ていると、
オレ前に当てたぜ?
あたしも4年前にロイヤルあてて旅行いった?
なんて言い合っていて、
まあ、嘘じゃないとして、やっぱりいるんだな、と。

少しポーカーのレベルがアップして軍資金に余裕が出来たら再チャレンジするぞ!



ちなみに、Partyのキャンペーン第2ラウンド

Ah の続き2枚は...

Kd 8h

ハハハ、甘くないっす。








テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ
ポーカー資金をゲット
必読!
9784775949153.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる