スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対戦型オンラインポーカー

blog090926a2.jpg
いつかはこんなテーブルでプレーしてみたいものです

そもそも対戦型ポーカーって何?
という方も多いのではないでしょうか。

僕もつい最近まではその存在を全く知りませんでした。

このブロクは未経験の方にこそ是非読んでいただきたいので、
簡単な解説から入りたいと思います。
少し長いですが我慢して読んでいただけると助かります。
ご存知の方はもちろん飛ばしていただいて大丈夫です!


僕がやっているゲームは、テキサスホールデム(Texas Hold'em)
ポーカーの王様ともいわれ、世界で一番普及している対戦ポーカーです。
世界大会は億単位の賞金が与えられ、アメリカではテレビでも放映されます。

ルールはシンプル。
まず、そろぞれのプレーヤー(参加者)に2枚のカード(手札、ポケットカード)が配られます。
この2枚のカードは本人しか見れません。
その後に、3枚のカードがテーブルに表向きに置かれます。
このテーブルに置かれたカードは全プレーヤーが共有するカードになります。
さらにその後1枚、もう1枚、計5枚がテーブルに表に置かれます。
最終的に自分の手持ちの2枚+テーブルの5枚の計7枚のうち、
もっとも強い5枚の組み合わせを持っているプレーヤが勝ちとなります。

それぞれのプレーヤーは;
手札が配れた時点(プリフロップ)、
テーブルにカードが3枚置かれた時点(フロップ)、
もう1枚置かれた時点(ターン)、
そして最後の1枚が置かれた時点(リバー)で、
チップを賭けるか(ベット、コール)、賭ける額を増やすか(レイズ)、何もしないか(チェック)、降りるか(フォールド)の判断をします。

例えば、あなたに配られた2枚のカードがスペードのエース(As)とスペードのキング(Ks)だとします。
とても素晴らしい手札ですが、まだ役は成立していません。
1)テーブルには、ハートのエース(Ah)とスペードの10(10s)、
 スペードのジャック(Js)が置かれました。
 この時点では、あなたは手札のエースとテーブルのエースを組み合わせた、
 エースの1ペアが成立しています。
2)次に、テーブルにはスペードの9(9s)が置かれました。
 今度は、手持ちの2枚とテーブルの3枚のスペードでフラッシュが成立しました。
3)最後に、テーブルにはスペードのクイーン(Qs)が置かれました。
 10からAまでのスペードが揃い、ご存知ロイヤル(ストレート)フラッシュの完成です。

この場合、1)の段階ではエースのワンペアでかなり有利ではありますが、
もし別のプレーヤーがジャックを2枚持っている場合、スリーカードで負けています。
2)の場合でもエースを含んだフラッシュなのでこの時点では最強ですが、
もし最後に10やジャックが出た場合、他のプレーヤーにフルハウス(JJJ 10 10)やフォーカード(JJJJ)の可能性があるので、油断は出来ません。
3)は、もう安心ですね。こんなことは滅多にありませんが。

このゲームの醍醐味は何といっても心理戦です。
それぞれのタイミングでテーブルのカードと相手の動きを見ながら、
押したり引いたりの攻防が繰り広げられます。
これはいわゆるビデオポーカーといわれる運が勝敗の大半を左右するギャンブルとは全く違う魅力でしょう。

ぐだぐだと書いてしまいましたが、より詳しくはいろんなサイトで紹介されているので、ご覧になってください。
ルールの解説はウィキペディアがシンプルでわかりやすいです。

ここでは、いろいろなオンラインポーカーのサイトを日本語で紹介しています。

戦略は、何と言ってもポーカーストラテジーがベストです。

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ
ポーカー資金をゲット
必読!
9784775949153.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。