スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローレートで確実に稼ぐ Part1

0.25/0.50ドル前後のリミットでは着実に稼げる様になりました。

ドカンとは行きませんが、チリツモです。

どんな方法で実践しているかを紹介しましょう。
あくまで僕のやり方ですけどネ。


重要なことは以下:

?体調を整える。
?テーブルを選ぶ
?いいポジションを確保する
?ポジションと周りのプレーヤーのタイプに応じてプレイする



?は大前提です。
僕が大損やらかすときは、決まって酒飲んだ後か、仕事で疲れきっているとき。
飲んだら打たない!

?テーブル選び
これは一番労力を食う作業で、僕は個人的には好きくありません。
が、言わずと知れた大切なルーティーンワーク!
テーブルを開いて、しばらく様子を見る、というのが元来のやり方。
でも今は時間もあまりないので、例のPoker Edgeを活用しています。

まずは、ポーカーサイトのテーブル一覧で表示される、
テーブル毎のプリフロップ参加率の数値をチェックします。
この数値が高ければ高いほどルーズなプレイヤーが多いということ。
リミットのローレートの場合この数値は高く30前半が平均です。

さらに、平均ポット金額をチェック。
この金額が高いほど、激しいレイズ合戦になっている可能性が高いです。

で、僕はそこそこ参加率が高く(30台後半?40台前半)、
そこそこのポット金額(0.25/0.50ドルなら2?3ドル)の
テーブルを中心に選別を始めます。

なぜか?

参加率が高ければルーズなプレイヤーが多いのでカモれることも多いのですが、
50%や60%などあまりにも高いとどんないいいハンドでも
多くのプレイヤーが着いてきてしまい、
結果勝率が下がってしまうからです。AAで火傷を負うのは往々にしてこういうテーブルです
結果、ハンドをタイトに選別するのがバカらしくなって来ます。
で、適度にルーズプレイヤーがいる30?40が理想。

ポット金額も高ければ稼げる可能性も高くなります。
しかしローレートの場合金額が高いテーブルには
先日の爆弾スイッチのような「荒らし屋」がいる可能性が高いです。
余裕があるときは問題ないですが、
あまり精神衛生上望ましくありません。

前置き長くなりましたが、ここからです。
テーブルをいくつか選別したら、そこに表示しているプレイヤーをフィルター掛けます。
すでにデータがあるプレイヤーもいますが、半分以上新顔の場合がほとんどです。
Poker Edge(↓)でスクリーン名を入力して基本データをチェックします。


タイト、ルーズ、セミルーズのタイトさ3段階に加え、
最高位Sharkclip_image001.gif
何でもコールのCalling Stationclip_image002.gif
何でもレイズのBombbomb[1]
ひたすらフラッシュやストレートを狙いプリフロップコールするManiactaz[1]
などプレイスタイル合計9タイプに分けることが出来ます。
ローレートでは、このレーダーに引っかかるのは6割くらいです。
引っかからないプレイヤーは、プレイ数が少ない場合が殆ど。
雑ですが、仮にルーズに分類して問題ないです。

僕の理想は、1テーブルに
電話局(calling station)2人
シャーク(shark)1人
爆弾(bomb)、マニアック(maniac)0人

電話局がいなければ、Green Fish(プリもポストフロップの消極的なカモ)でもいいです。

先にも書いた通り、電話局は多すぎてもやりにくいので2人くらいがちょうどいい。

で、意外かもしれませんが、Very Good Playerのシャークがいると、やりやすいのです。1対1の勝負では彼に負けるかもしれないし、結果彼のほうが自分より稼ぐかも知れない。
でも、二番目に稼げる可能性が非常に高い。
それは、彼がテーブルを引き締めてくれるからです。
こういうGood Playerがいるとだいだい周りがリスペクトし、
変なブラフや荒れるゲームが非常に減り、まともなプレイヤーが勝てる環境が出来ます。


さあ、後はポジション選びと実際のプレイ方法ですが、
ここで時間切れになったので後篇は後ほど...!

テーマ : オンラインカジノ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ
クイズに答えてポーカー資金ゲット!
オンライン ポーカー
必読!
9784775949139.jpg
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。